デフラグでPC環境を快適に♪(UltimateDefrag)





今日はパソコン関係の記事を書いてみようかと思います。


いまや、パソコンは1家に数台の
必須家電(家電って感じじゃないですが、実質冷蔵庫より多い)!

そのパソコンをより快適(快速)に使用するためのツールをご紹介します。

デフラグといえば、みなさんご存知かと思いますが、
言葉のままで、Fragmented File(断片化ファイル)を連続した、要は元通りにしてあげることです。

OS(windows)は絶えずファイルの入出力(以下、I/O)を繰り返しておりその過程で
断片化ファイルが生成されています。



なんのこっちゃ?という感じなので、たとえ話で説明したいと思います。
ここから説明長いので、面倒な方は読み飛ばしてください^^;


図書館を思い浮かべてください。
図書館をハードディスク(以下、HDD)と仮定します。
図書館にある一つ一つの本を、ファイルと仮定します。
そして、図書館で調べ物、仕事をする皆さんをOSと仮定します(ここはちょっと無理があるのですが。。。)

皆さんは、本棚から必要な本を探しておもむろに本の後半100ページを破って捨てます。
そして、自分の机に置き、新たなストーリーを200ページ新たに加筆します。

完成すると、前編だけ残った本と、加筆した100ページ分だけ元の場所に納め、
残りの100ページは近くの空いている本棚に納めます。

。。。。ファイルの断片化です^^;

(※実際、図書館でこんなことしたら怒られます^^; わかりやすく説明するために誇張して書きました。)


なぜ、ちぎる?元に戻さない?

思い切って言ってしまえば、答えは処理時間の短縮です。
必要な部分だけ残して、スペースが余ったらそのまま。
つなぎ合わせて、きれいに納めなおす時間が無駄という理論です。


とはいえ、ちぎっては投げ、ちぎっては投げを繰り返していると、さすがにどこに何があるのかが煩雑になり、処理速度(具体的には検索速度とそれに伴う読み取り処理速度)が遅くなります。

そこで、ばらばらになった本(Fragmented File)を元に戻す作業(Defrag)が必要になるのです。


デフラグをすると、PCの処理速度が改善できるということが、なんとなくご理解いただけでしょうか?


え・・・と、説明まだ続きます^^;


いよいよ、デフラグですが、windowsに標準付属しているデフラグツールがあります。
利用されている方も多いと思いますが、正直、貧弱です。
確かに、断片化ファイルの修復はしているのですが、それだけです。

「最適化」と謳っていますが、断片化ファイルを修復した程度では、I/O効率はそんなに上がりません。なぜか?


また、図書館で説明します・・・

HDDの形状はCDのように円盤状の記憶ディスク(HDDは磁気)で、高速に回転しながら、
ヘッドが前後に動くことによって、情報を読み書きしています。


ここで重要なのが、HDDの形状と、データの書き込み方です。

まず形状ですが、円盤状ですので、円盤が1回転した際に読み取れるデータ量は、
外周に向かうほど多くなります。
つまり、外周に配置されたデータ(ファイル)であればあるほど、I/O処理は早くなり、
内周に向かうほど、処理速度が遅くなります。

そして、データの書き込まれ方ですが、外周から内周に向かって順にデータは書きこまれていきます。
つまり、古いファイルほど、処理効率のよい場所に配置され、最近作成したファイルほど処理効率の悪い場所に書き込まれるわけです。

図書館で言えば、

■人気、需要のある幼児向け絵本、小説、週刊・月間雑誌が、入り口から一番遠い隅っこ
■古い本、あまり読まれない専門本、百科事典が入り口付近に

並ぶことになります。。。ヾ(;´▽`A``


上記を踏まえ、ここから本題です。
HDDのデータを最適化するには以下の2点の機能が必要ということになります。
■断片化ファイルの修復
■使用頻度に応じたデータの配置換え

windowsに付属しているデフラグツールが貧弱と書いたのは、最適化には欠かせない上記2点目の機能がないからです。


上記2点の機能を搭載し、かつフリー(無料)のソフトをご紹介します。
「UltimateDefrag」です。

ダウンロードページはこちら→UltimateDefrag

英語です^^;;;
日本語版パッチをTiltさんという方が提供してくださっているので、必要に応じて使用してください。(日本語化パッチをあてなくてもなんとなく分かります)

Tiltさんのページはこちら→TiltStr::不定期版


さっそくインストールし、「analyze」してみます。
円盤のイメージが独特で面白い画面になっています^^

b0162110_0434268.jpg

赤い部分が断片化している部分、青い部分が連続部分です。
結構、赤いです^^; 断片率48.8%。。。。
さっそくデフラグ!
と、そのまえに、先ほど図書館の例で挙げましたが、昔のファイル(例えばもう見ない動画ファイルなど)は削除(ゴミ箱にも残さない)しておくといいと思います。

b0162110_0443564.jpg

これだけでも、すっきりしました。

では、「自動設定(私の場合、オプションを高速に設定しています)」にして「Start」ボタンを押します。
すると、デフラグが始まります。

まず「オプション」ボタンを押下し、自動設定画面を開きます。
スライダーを右端から少し左にずらし、大体「使用頻度の高いデータを、より外側のトラックに配置」が30%ぐらいになるように調整します。
元の画面に戻り、「Start」ボタンを押します。→デフラグが始まります。

※自動設定画面のスライダーの設定で、左端「高速」にするのは誤りです。
 全てのデータが外周に集まってしまい、本来の目的である
 「よく使うデータは外周に」「あまり使わないデータは内周に」データを再配置出来なくなります。


b0162110_154942.jpg

途中経過ですが、データが外周にまとめられているのが分かります。
使用頻度の高いデータは外周に、低いデータは内周に配置されているのが分かります。
かつ、ファイルの配置換えも実行されています。

b0162110_0501344.jpg

そして最後に「断片化されたファイルのみ」を実行し完了した状態です。

b0162110_0514481.jpg

見た目にもスッキリ、これなら速くなりそうって感じじゃないですか?

長々とお読みいただきありがとうございます。
是非、お試しを^^


----------------------------------------------------
最後に、デフラグ(UltimateDefrag)の注意点を。

【メリット】
■パソコンのI/O処理が速くなる
■HDDの負荷の軽減と寿命の延長

【デメリット】
■windows付属のデフラグツールの数倍の時間がかかる
■HDDの負荷の増大と寿命の短縮


ええっ、HDDの負荷と寿命の部分、矛盾してない??
と思われるかと思います。

メリットの部分は理解していただけるかと思いますが、なぜ、デフラグが「HDDの負荷の増大と寿命の短縮」につながるのか?

それは、データの配置換えに伴い、激しくHDD内でデータの書き換え作業が発生しているからです。
頻繁にデフラグをやりすぎるとHDDの寿命を削ってしまうのです。

ですから、ライトユーザーさんなら、数ヶ月に1回、ヘビーユーザーさんなら月1回が目安かと思います。バランスが大事ということです^^;



実は、私のPCのパフォーマンスが著しく落ちたので、
いろいろ探してこのデフラグツールと出会ったのですが、
結論として、解消しませんでした。。。。


いろいろ原因を探っていくと、俗に「PIO病」という症状に陥っていたのです。
「PIO病」については、次回、書いてみようと思います。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
2013.02.10追記

自動設定の説明の修正、イメージの差し替えを行いました。

2012.11.21追記

記事の内容に誤りがあるので訂正します。申し訳ありません。
データを外周に集めるだけではUltimateDefragの機能を十分に活用できているとは言えません。
新しいPCには効果ありますが、やっていることはWindowsのデフラグと同じです。

オプション設定ではスライダーを少しだけ左にずらした状態で自動設定を実行する必要があります。
記事、イメージの修正、差し替えは後日行います。
 



にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

ブログ人気ランキングに参加しました。
気に入っていただけましたら、励みになりますので 「一回ポチッ」と応援 お願いします(^-^)


 
[PR]
Commented by サイモン at 2010-08-20 08:37 x
おはようございますー#
私のPCも月に一度位、Dedragを掛けてHDDの掃除をしますが徐々にゴミと思われるエリアが増えて来ています
Defragでは対応出来ないエリアもある様子です
DOSモードにして当該ファイルを削除してやらないと駄目な様子です
お勧めのソフトは対応出来そうでしょうか?
一度試して見ようと思います

最終的には「シリコンディスク」になるのでしょうか大容量の物は高価です

次回、楽しみにしています(^^♪
Commented by hhhirooo at 2010-08-20 14:32
>サイモンさん
こんにちは。
「UltimateDefrag」は一応余分な空きブロックがなるべく出来ないように処理してくれているみたいです。windowsのデフラグツールでは移動できないファイルも処置してくれます。
HDDの余分なデータをクリーンアップしたい場合は、
「Glary Utilities」というソフトがあります。フリーウェアです。
このソフトは、不要なレジストリ、不要と思われるファイルなどを検出、削除・修復してくれます。
ただ、フリー(ちょっと心配)なので私はレジストリの掃除はしたことないです^^;




by hhhirooo | 2010-08-18 12:27 | PC・IT関連 | Comments(2)