昼下がりの紫陽花















美しいあじさい&6月のイメージショット!


 




by hhhirooo | 2017-06-15 00:09 | 我が家の庭 | Comments(0)







台湾といったら「九份」


ジブリの「千と千尋の神隠し」のモデルになったともいわれ、われわれ日本人の人気が高い観光名所です。
本屋に並ぶ台湾の観光ガイドブックの表紙のほとんどが九份の街並みですよね。
b0162110_0144544.jpg

先に述べておきますが、九份は「千と千尋の神隠し」のモデルではありません。
宮﨑駿監督がインタビューで「違います」と公言しています。

こちらのインタビューの3:20あたりから
【FOCUS新聞】TVBS專訪宮崎駿 72歲不老頑童


ただ、「モデル」ではないかもしれませんが、赤提灯がぼんやりと灯るエキゾチックで非日常的な雰囲気は、「千と千尋の神隠し」の世界にとてもよく「似ている」といえるのではないでしょうか。

そんな九份の街並みは「千と千尋の神隠し」の舞台に迷い込んでしまったのではないかと錯覚してしまいそうなくらい、ワクワクと興奮させてくれる魅力に溢れていますヾ(*≧∀≦)ノ゙ ♪
b0162110_021192.jpg


九份の名前の由来は、元々この地域には九戸しか家がなかったからだとガイドさんが教えてくれました。
そんな田舎町でしたが、金鉱が見つかり人口が増え隆盛を誇ったそうです。
時代が流れ、金鉱が閉山したことをきっかけに急速に衰退したそうですが、今も当時の栄華の名残が見てとれます。
b0162110_0293892.jpg

ぼんやりと灯る赤提灯は異国情緒たっぷり。
われわれのようなアジア圏の人にとっては、どこか懐かしさを感じますが、
西洋の方はどのように感じるのでしょうか。
b0162110_032753.jpg

まさに「千と千尋の神隠し」の世界。
b0162110_0321881.jpg

一番ひらけた広場で目をひくレトロな建物。
「九戸茶語」では、海を見ながら食事ができますよ。
b0162110_0333938.jpg

台湾ビール。
すっきりとした飲み口で、すぐに気に入りました。
b0162110_2358727.jpg

台湾を旅するなら、外せない観光スポット「九份」。
おすすめです。



 
by hhhirooo | 2016-04-10 00:43 | | Comments(0)

高尾山 紅葉狩り








めっきり寒くなり紅葉真っ盛りの今日この頃です。


が、風邪をひいてしまい、今年は紅葉狩りにいけそうにありません(ノω=;)。。。
以前撮影した(かなり前ですが…)、高尾山の紅葉の様子をご紹介します。



麓の様子。
b0162110_21435620.jpg

頂上たどり着くまでには様々な彫像が迎えてくれます。
b0162110_2137595.jpg

b0162110_21372213.jpg

b0162110_2137394.jpg

山頂にて。
うっすらとですが、天使の階段がヾ(*≧∀≦)ノ゙ ♪
b0162110_21381652.jpg


撮影場所
  高尾山

撮影日
  2008.11.29

撮影機材
  EOS40D
  Carl Zeiss Planar T* 1.4/50
by hhhirooo | 2013-12-05 21:27 | つれづれ | Comments(0)







こんにちは。
*hiro*です。


今回は、京都ぶらり紅葉狩りその③ 南禅寺編です。

時間的に厳しいかなと思っていた南禅寺。
嵯峨野で自転車を爆走した結果、時間ができ無事訪れることが出来ました(^―^)
※トロッコ電車には乗れなかったのですが・・・

b0162110_17161916.jpg


紅葉も綺麗です。
b0162110_17173394.jpg


訪れたのは夕暮れ時。
夕日に照らされて本堂が金色に染まっていました。
b0162110_17192019.jpg


当初の予定では出会うことがなかったであろう風景です(トロッコ電車に乗っていたら無理でした)。
予定外の被写体に出会えるのも旅の素敵なところですねo(^-^)o


晩御飯は、うなぎ山椒“お茶漬け”で有名な祇園の『十二段家』さん。
が、うなぎ山椒、販売停止中・・・・゜・(ノД`)・゜・。
代わりに天丼を注文。だし巻きといっしょに。
b0162110_17264198.jpg

 
さすが京都のお店。とっても美味しかったです。
『十二段家』さんがある夜の花見小路。京都だわぁと浸れる情緒ある雰囲気。
b0162110_1729623.jpg



予定がぎっしり詰まった今回の京都旅行。
大満足な旅ができました(*^-゚)v♪
 



今回のホテル予約は、いつもどおりの日本旅行。

by hhhirooo | 2013-02-02 17:33 | | Comments(0)







こんにちは。
*hiro*です。


今回は、京都ぶらり紅葉狩りその② 嵯峨野編です。

学生時代に一度訪れて、すっかりはまってしまった祇王寺・滝口寺。
久しぶりに行ってきました(^―^)


南禅寺から京都駅に戻り、JR山陰本線(嵯峨野線)に乗り換え、嵯峨嵐山駅にGO!!!

秋晴れでパカポカ気持ちよく、ウトウト・・・・・
 (-_-)zzzz
 (-_-)zzz
 (-_-)zz
 (-_-)z
 (・×・) パチッ
 
 (°◇° ;) ココドコダ?
 (°◇° ;) ネスゴシテシマッタヨ;;;

一駅寝過ごしてしまいました。。。
b0162110_0202993.jpg

が、しかし、絶景に巡りあうことが出来ました!!!
保津峡駅は、保津峡の山間部にあり保津川に架かった橋がそのままホームになってます。
眼下には保津川が流れ迫力満点でびっくりしました(°◇°;)
b0162110_0274034.jpg


しばし峡谷の風景を堪能していると電車がやってきたので、移動です。
なんだか得した気分でした。


保津峡の風景を見てしまったので、渓谷を走るトロッコ列車に無性に乗ってみたくなりました。
となると、嵯峨野での観光時間を短縮する必要があるわけで・・・

借りました。
レンタル自転車(・×・)
b0162110_0345099.jpg



嵐山・嵯峨野をチャリで爆走観光開始ですε=ε=ε=ε=ε=(o゜―゜)o!!

まずはお決まりの渡月橋。
さすが紅葉シーズン。観光バス、車、人の数がハンパなかったです。
b0162110_038124.jpg


嵐山に来たらとりあえずコレですね。
『琴きき茶屋』の桜餅。うれしいお薄(抹茶つき)ですヽ(・∀・)ノ
b0162110_0414738.jpg

そして、チャリで爆走すること15分・・・

【祇王寺】
平家物語ゆかりのお寺です。
 -------------------------------------------------------
  清盛の寵愛を受けた白拍子、祇王。
  やがて、清盛の寵愛は祇王自身がとりなした仏御前に。
  祇王は出家し、この寺に身を寄せる。
  そんな中、祇王と同じく清盛の寵愛を失った仏御前が出家し訪ねてくる。
  二人はともに念仏を唱えながら余生を送る。
  諸行無常の理を表すエピソードです。
 -------------------------------------------------------
b0162110_0544031.jpg

b0162110_055243.jpg

少し時期が早かったみたいです。
秋深まると、苔の絨毯が紅葉の絨毯に変わります。
b0162110_0564974.jpg


落ち着いた雰囲気でとても素敵なお寺です。
嵐山からかなり離れた場所にあるのですが、紅葉の名所で大河ドラマの影響もあってか多くの観光客でにぎわっていました。

そして、祇王寺に隣接しているお寺。こちらも平家物語ゆかりのお寺です。
【滝口寺】
b0162110_123650.jpg

私の大好きなお寺です。

人があまり訪れていない静寂で冷たく透き通った空気を纏ったお寺なんです。
軒先でほっこり、時間を忘れて佇んでしまいます。
b0162110_172958.jpg

b0162110_174283.jpg

b0162110_1757100.jpg



追記:結局、トロッコ列車に乗れませんでした。
   満席だったのですヾ(;´▽`A``
   先にチケットを買ってから嵐山・嵯峨野周辺を観光することをお勧めします。
 



今回のホテル予約は、いつもどおりの日本旅行。

by hhhirooo | 2013-01-13 01:15 | | Comments(0)







こんにちは。
*hiro*です。


大好きな京都。初めて紅葉の季節に旅行に行くことができました!!

一応一泊二日の旅程。
今回どうしても訪れたいTOP3は

  ①京都の紅葉といえば東福寺 
  ②学生時代、次は紅葉の季節!と思った嵯峨野の祇王寺・滝口寺
  ③訪れたいと毎回思いつつ行っていない南禅寺


旅行二日目は神戸市立博物館で、フェルメールの『真珠の耳飾りの少女』を見に行く予定(しかも雨の予報)だったので、上記3箇所を1日で南から西、そして東へと移動しなくては…

おそらく、季節的に明るいうちに観光出来るのは5時くらいまで(拝観時間も大体4時ぐらいまでですし)だろうから、また南禅寺は行けないかなぁ…と思いつつ、

いざ、大好きな京都の満喫を開始だ ヽ(・∀・)ノ ♪


まず最初に向かったのは、紅葉で有名な『東福寺』。
朝早く起きて10時前に京都に到着していたのですが、さすが紅葉の名所。
観光客だらけでした。

人があまり訪れていない静寂で冷たく透き通った空気を纏ったお寺が好きなのですが、もはや旅行者で埋め尽くされていました ヾ(;´▽`
とはいえ、紅葉シーズンにそんな贅沢を言ってはいけませんね。

東福寺の見所は、
 ①通天橋から眺める紅葉の海
 ②天才作庭家・重森三玲の方丈庭園
です。


どきどきしながら、通天橋が見える絶景ポイントへ…
目が覚めるような光景が飛び込んで来ました!!!
b0162110_1550491.jpg

臥雲橋からの通天橋の眺めです。

少し時期が早かったようですが、緑や黄色が混ざった紅葉も素敵です。
b0162110_15552615.jpg


本堂に向かう途中。
こういう佇まい、好きです。
b0162110_175325.jpg


b0162110_1754989.jpg



通天橋に向かう前に、方丈の『八相の庭』を拝観です。

【南庭】
b0162110_17183786.jpg

大きく雄大な枯山水庭園。天気もよかったので軒先でほっこり、時間を忘れて小休止。

隣に座っていたご年配のかたが、話しかけてきました。
修繕の跡をみて「昔の人の知恵ってすごいねぇ」と。
修繕跡までが美しいです。
b0162110_17213757.jpg


【西庭】
b0162110_17234016.jpg


【北庭】
コケの緑と敷石との対比、幾何学的な模様が素敵です。
b0162110_1732016.jpg


【東庭】
7つの円柱の石を北斗七星にみたて、庭全体が小宇宙となっています。
という意味を知ったのは、移動中の電車の中で、パンフレットを読み返しているときでした…。
b0162110_17331664.jpg



方丈を後に通天橋へ移動ですε=ε=ε=ε=ε=(o゜―゜)o!!
通天橋に向かう途中も、紅葉がきれい。通天橋からの眺めに期待が膨らんできます!!
b0162110_1829292.jpg

b0162110_18291325.jpg


そして、通天橋からの眺望がこちらです。
b0162110_18295840.jpg

…正直なところ、1枚目の写真で紹介した臥雲橋からの通天橋の眺めのほうが壮観でした(・×・;)

通天橋から見下ろしていた紅葉の渓谷に移動です。
b0162110_18351180.jpg

b0162110_18352577.jpg

b0162110_18354757.jpg
b0162110_18354071.jpg

コケの絨毯に少しだけ落ちた落葉が可愛いですね。
これから冬になると今度は落葉だけの絨毯に様変わりするんでしょうね。機会があれば、是非見てみたいものです。
b0162110_18355545.jpg


壮観な紅葉の景色に満足したところで、次の目的地、嵯峨野に移動です!!!
 



今回のホテル予約は、いつもどおりの日本旅行。

by hhhirooo | 2012-11-21 18:42 | | Comments(0)







京都旅行に行くたびに京都に住みたくなる・・・
京都旅行に行くたびに京都に住みたくなる・・・

こんにちは。*hiro*です。


京都の台所 錦市場。
b0162110_16522434.jpg


平日なのにこの賑わい(」゜ロ゜)」
b0162110_16532859.jpg


歩いているだけで楽しいですよね(*^ー゚)v ♪
基本、かぐわしい香りに負け試食ばっかりしてお腹がいっぱいになるという・・・
b0162110_16553614.jpg


このお店は「ぴったんこカンカン」で紹介されたようです!
このお店のちりめん山椒は、山椒がききすぎず、いい塩梅(^~^)
迷わずお買い上げです!!!
b0162110_1658282.jpg



くどいですが、京都に住みたい。。。( *`ω´)
 



今回のホテル予約は、日本旅行。
実質宿泊料が0円の格安「JR往復+宿泊セットプラン」の利用をオススメします


by hhhirooo | 2011-09-23 17:02 | | Comments(1)







京都旅行に行くたびに京都に住みたくなる・・・

こんばんは。*hiro*です。


先日掲載しましたが、BEADY EYEのライブに大阪まで行ってきました。
ブログはこちら→BEADY EYEのライブにいってきた♪
せっかく関西に出かけたので、一泊し京都に寄って帰ってきました!

今回は京都のお気に入りのお店を紹介しようと思います。
個人的に好きなのは、三条付近のお店です。
三条付近のいろいろなお店を探索しながら錦市場を通り祇園方面へ。
いつものお決まりコースになっているのですが飽きない(*^ー゚)v ♪


まずはお気に入りの鞄屋さん。
【土屋鞄製造所】
b0162110_20465765.jpg


お金があったら土屋鞄製造所さんのアイテムで揃えたい・゜・(ノД`)・゜・。
それぐらいお気に入りの鞄屋さんです。いろいろな用途に合わせた鞄や小物がおいてあります。
その中で唯一所有しているのが、セッションビッグトート。
b0162110_20512295.jpg

                                ※お店のHPからの画像拝借です。私はブラウンを持ってます。


商品のコピーにもなっていますが、がっつリ使えるのが◎
さらに使い込むほど、味と愛着が深まるところも◎


オンラインショップがあるので通販で買えますが、イマイチ品薄状態の様子。
店舗に行ったほうが確実にGetできそうです。
京都店以外にも、本店(足立区)、自由が丘店、鎌倉店、白金店、神戸店、丸の内店があるようなのでお近くにお住まいの方は是非店舗に直接行って商品を手にとって見てください。
お気に入りの一品が見つかるかもしれませんよ♪ 土屋鞄製造所HP



そして、【INODA COFFEE】で一休みするのが定番。
ここのタマゴサンドが美味い( *`ω´)b
b0162110_2145863.jpg

 



今回のホテル予約は、日本旅行。
実質宿泊料が0円の格安「JR往復+宿泊セットプラン」の利用をオススメします


by hhhirooo | 2011-09-16 20:24 | | Comments(0)

中秋の名月








こんばんは。*hiro*です。


今晩は中秋の名月ですね。


b0162110_11494257.jpg



今夜は月光浴をしながら寝よう(*^ー゚)v ♪
 



にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

ブログ人気ランキングに参加しました。
気に入っていただけましたら、励みになりますので 「一回ポチッ」と応援 お願いします(^-^)


 
by hhhirooo | 2011-09-12 11:47 | つれづれ | Comments(1)

原爆の日








おはようございます。*hiro*です。


【原爆の日】

今日は66回目の「原爆の日」です。

私は一時期、広島を離れ東京にいたのですが、近年、広島に戻ってきて、
改めて「原爆の日」を意識するようになりました。

史跡を含め、平和記念公園が身近にあることも影響しているからでしょうが、
テレビ、新聞などのローカル枠で8月になると度々目にすることが大きいと感じています。

b0162110_16281683.jpg


いま課題となっているのが、歴史の風化です。
被爆された方々も高齢となり、若い世代へ伝えて行く場が減りつつあります。

また、前述しましたが、原爆・戦争についてローカル枠にとどまっているように感じます。
辛辣な言い方をすると、
唯一の原爆被爆国である日本ではなく、
原爆被爆地であるヒロシマとナガサキという印象を強く受けます。

私が感じたことなので全てが正しいわけではありませんが、戦争・平和・原爆に対する意識は、
ヒロシマ・ナガサキと他県では大きな温度差があります。
日本は敗戦後、戦争自体身近なものではなくなりましたし(敢えていうと平和ボケ)、
原爆・戦争教育も他県ではさほど重点を置かれてきていないようです。

東京では、全国から人が集まる環境に身をおいていましたが、
ヒロシマの8月6日 8時15分、ナガサキの8月9日 11時2分をほとんどの人が知らなかったことに驚愕したのを覚えています。


ヒロシマとナガサキは、戦争という愚かな過ちは繰り返さないと毎年祈り続けてきました。
が、全国に発信して行く、さらにはアメリカを中心とした世界へ発信して行くよう(今までもやってきてはいるのですが・・・)、個人も何かしら方法を模索し、市のトップ、国のトップは今まで以上に発信力を強めて欲しいと思います。

オバマ大統領は「核兵器のない世界を目指す」と謳い核軍縮を行ってきましたが、核実験は依然として続けられていることをご存知でしょうか。
今日の時点で、最後の核実験が行われてから128日目です。
逆を言うと128日前に核実験が行われたということです。


戦争・核兵器のない平和な世界、絵に描いた餅かもしれませんが、希求しない限り実現はしません。



以下、個人的な戦争観を簡単に述べます。

b0162110_16282859.jpg

【太平洋戦争】

太平洋戦争の開戦についてのキーワードは
「オレンジ計画」「ABCD包囲網」「ハルノート」です。
これらの資料はインターネットで検索すれば様々な立場で語られているのでご自身で判断されてみてください。
私が感じるのは、戦争に正義と悪は存在しないということです。
戦時下で倫理的な行動をとると逆に蹂躙されてしまうだけです。

そして戦争は「勝てば官軍」なのです。

極東裁判しかり、敗戦国に責任が押し付けられます。
当時の国際法では「非戦闘員(一般市民)に危害は加えてはならない」とされています。これに照らせば、原爆を投下し、数十万人の市民(非戦闘員)の命を奪った当時の米大統領・トルーマン、原爆投下を立案・実践した軍人は明らかに戦犯です。

似たような事例に、記憶に新しいイラク戦争があります。
大量の破壊兵器をイラクが所持していることを根拠にアメリカは戦争を始めますが、破壊兵器の存在は認められませんでした。にもかかわらず、ブッシュ大統領は大して責任追求されていません。

この度の東北大震災では「トモダチ作戦」と称してアメリカは日本を支援してくれました。また、個人レベルでは、レディ・ガガさんをはじめとする著名人の方々が寄付をしてくれ、一日本人として感謝しています。アメリカの人たち、文化など好きです。

しかしながら、アメリカがやること全てが正義だと傾倒はできません。

b0162110_16283788.jpg

【アメリカ人の50%は原爆投下が正しかったと考えている】

おそらく日本人の中にも必要悪だったと考えている方もいるでしょう。
※個人的な感想では、原爆万歳という教育がされている中で50%というのは少ないのかなとも感じています。
 ヒロシマ・ナガサキに投下された原爆「リトルボーイ」と「ファットマン」の隠語の意味を知れば当時のアメリカの軽率さを認識せざるを得ない方もいるのかもしれません。
 被害の残虐さを知れば必ずしも正しいとはいえないでしょう


原爆投下の動機は以下の3点といわれています。

 1)戦争の早期決着、及び被害の最小化
 2)旧ソ連をはじめとする共産圏へのけん制
 3)原爆の実戦投入、及びデータ収集

3)はやりたかったのでしょう。それ以上言葉が見つかりません。
1)2)に関しては他の方法があったかもしれませんが、当時の日本軍部は本土決戦もやむなしという姿勢だったそうですから、原爆投下によるダメージは早期決着、被害の最小限化につながったのかもしれません。


ただ、忘れてはならないのが、原爆投下は有史以来、最も残虐極まりない爆撃であったということです。

そして戦争は理不尽極まりない争いであり、戦時下では人の命が極端に軽いものになってしまうということです。
 
 



⇒原爆の日 その他関連記事はこちら
by hhhirooo | 2011-08-06 08:15 | 広島 | Comments(3)