香港といえば、100万ドルの夜景


ビクトリアハーバーを挟んだ香港島と九龍半島の両岸のビル群が、音楽とナレーションにあわせて、イルミネーションを輝かせ、サーチライトで演出する光の一大ショー。

シンフォニー・オブ・ライツ

香港に来たからには、絶対に外せない王道観光スポットです。

シンフォニー・オブ・ライツは、2003年から毎日20:00から13分間、開催されている、香港が世界に誇るナイトイベントです。
「世界最大の継続する光と音のショー」としてギネスにも認定されています。

2003年から毎日、参加する全てのビルが協力して一つのショーを継続させていることにびっくりです。
b0162110_20203809.jpg

今回、現地ツアーを利用したのですが、ガイドさんのおすすめで、王道の鑑賞スポットである、九龍半島側の『尖沙咀ウォーターフロント・プロムナード』ではなく、香港島側の『湾仔ウォーターフロント』でショーを鑑賞しました。

近年、九龍半島側にも高層ビルが建ち、香港島と同じようにショーが楽しめるようになっているのだそうです。

ガイドブックに載っているような、九龍半島側の尖沙咀ウォーターフロント・プロムナード側からの香港島の夜景は見れませんが、香港島と九龍半島の両サイドの夜景が楽しめます。
また、祝日の前の日だったのですが、ほとんど混雑していませんでした。混雑という言葉はふさわしくなく、観光客はまばらで、好きなところで鑑賞できる状態でした。

香港島から見た、九龍半島です。
b0162110_20353095.jpg


九龍半島から、香港島への移動はフェリーがおすすめです。
海風が気持ちよく、日が暮れていき100万ドルの夜景が少しずつ顔を表していく様子が、海上から楽しめます。
b0162110_20432934.jpg


動画も撮ってきましたのでご紹介します。

香港島のビル群のイルミネーション。


音楽にあわせて、参加しているビルが紹介されます。その紹介に挨拶するかのようにビルが光で返答します。テンション上がります!


九龍半島のビル群のイルミネーションと、サーチライト。




最後に。

ガイドブックや各種パンフレットに載っているような、ピカピカでサーチライトガンガンなショーを期待していると、少しがっかりしてしまうと思います。
かなり加工された写真(かつ、観光用に全ビルががっつり気合を入れたなどの特別な状態だと思うのです)なので、過度な期待はしないほうがいいかなと思います。

b0162110_20585111.jpg
実際は、こんなにレーザービームは放たれていません。。。
明るさも10分の1ぐらいかと。。。(;´・ω・)💦








# by hhhirooo | 2016-09-25 20:44 | | Comments(0)